【2.5次元・舞台】ドラマ・映画に引けを取らないと話題に上った衝撃作品!「電車男」

電車の車内で助けた女性との恋愛模様を描く「電車男」。
今回は、舞台「電車男」の見どころやキャストを調査しました。

舞台「電車男」とは?

まだインターネットが現代のように普及しておらず、一部のオタク達のものと認識されていた頃に突如として匿名掲示板に投稿された一つの書き込みから始まる恋愛未経験のオタクによる恋愛ストーリーです。

匿名掲示板の存在やインターネットの可能性を広め、新たなる出会いとして注目を浴びた出来事は電車がきっかけになっている事から電車男として呼ばれるようになります。
そして、同名の書籍化が行われたりドラマが放送されるなど社会現象に至り、この度ついに舞台にて電車男の世界観が披露される事になりました。

 

舞台「電車男」のあらすじ

主人公の男性はこれまでの人生の中で一度も異性とお付き合いをした事がない上に、争い事が嫌いな穏やかなオタクでありましたが、いつものように秋葉原から帰宅する電車の中で過ごしていると、一人の女性が男性に絡まれている様子が目に入ります。

当初は見て見ぬふりをしていたものの、男性が女性に手を上げた瞬間咄嗟に女性を庇うような様子になり、慣れないながらも男性に抵抗し女性を守る事に成功します。

そうした一連の流れにより女性との距離が縮まるものの、恋愛未経験であるが故に行うべきアプローチなどがわからずに困っている時、いつも頼りにしている匿名掲示板の事を思い出し匿名掲示板からのアドバイスを頂きつつ女性との関係性を慣れないながらに親密にしていきます。

舞台「電車男」を見る

舞台「電車男」のキャスト紹介

電車男は映画化とドラマ化でキャストが異なるのですが、この度の舞台化でも起用されているキャストは刷新され主人公として活躍するのは武田真治(たけだ しんじ)です。

 

そしてヒロイン役は声の出演として女優の優香(ゆうか)が担当しており、声の出演というのは映画化やドラマ化にはない舞台ならではの特徴です。

声の出演として女優の優香
出典:https://thepage.jp/detail/20180131-00000001-wordleafv

 

また、電車男では主人公やヒロインの他にいつも匿名掲示板に常駐しており、あらゆる質問に対してアドバイスをしてくれる住人達も欠かすことができません。
そこで、舞台化ではネットの住人という名目でも複数名のキャストが設けられているのですが鈴木一真(すずき かずま)をはじめ河原雅彦(かわはら まさひこ)脇知弘(わき ともひろ)佐伯新(さえき あらた)千代將太(ちよ しょうた)モロ師岡(もろ もろおか)など主役と言っても過言ではない程の錚々たる面々が担当されています。

 

 

 

 

 

モロ師岡
出典:http://koimousagi.com/5220.html

 

舞台「電車男」の見どころ

映画化やドラマ化を目にしている方であればすぐに理解できますが、主人公やネットの住人との離れた所に居る者同士のやり取りが初めから終わりにかけて継続して行われるので、距離感が遠いものの身近に感じられるのが難しい作品です。

そのため、編集が可能な映画化ドラマ化では高い頻度で別カットを挿入しているのですが、当然の事ながらお客さんの前で披露する舞台では行う事ができません。
そこで、中央部に上方向にミニシアターと言っても過言ではない程度のサイズのスクリーンが用意されているので、映像と演技のコラボレーションが見ものです。

 

舞台「電車男」を見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2.5次元・舞台】ジャパリパークを舞台に個性豊かなフレンズたちと触れ合いを描く...

【2.5次元・舞台】帝一は無事に学園の生徒会長になることができるか!?「【最終章...

【2.5次元・舞台】ド派手さ最高潮のハイスピード・ハイテンション脱獄エンターテイ...

【2.5次元・舞台】今度の舞台はオモカワイイ!?増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日...

天下統一を信長と孫一で描く舞台「錆色のアーマ」について

【2.5次元・ミュージカル】熱狂的な原作ファンによりチケットは即日完売!「残酷歌...