【2.5次元・舞台】今度の舞台はオモカワイイ!?増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~

 

「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 向かい風100%」

「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」の詳細はこちら

「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味」の詳細はこちら

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~とは?

増田こうすけ劇場ギャグマンガ日和~奥の細道、地獄ランウェイ編~とは東京都のラフォーレミュージアム原宿にて2017年の2月15日に開幕した舞台です。
ギャグマンガ日和シリーズは、2015年の9月に初めて舞台化され、好評につき2016年の4月に再び上演が行われて、なるせゆうせい氏によって作られた新作が満を持して上演されたものとなります。
現在舞台は終了していますが、舞台の様子を収録したDVDが販売され、いつでも見ることが可能です。

 

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~のあらすじ

舞台化は絶対無理だという声があったにも関わらず渋谷や銀座の街をカオスの状態に巻き込んだギャグマンガ日和シリーズの第3弾が完全な新作となり原宿に遂に上陸しました。
第1作目が再演されたときにゲストとして出演した原作でも人気がある松尾芭蕉と河合曽良というキャラクターが登場します。

新作は原作で登場するセリフなどを取り入れつつも完全にオリジナルなストーリーとなっているため、この舞台でないと見ることができないシーンが連続しています。
ハチャメチャな旅路を豪華なオールスターキャスト陣が盛り上げてくれるのです。

ラブストーリーだけでなくSF時代劇もあり、一見すると、それぞれのストーリーに関連性がないように感じてしまいますが、キャラクターたちがとる行動がシーンごとに繋がっていき、原作が持っている世界観を損なわないストーリーとなっています。

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~のキャスト紹介

主役となる松尾芭蕉と河合曽良は、それぞれ阿部丈二(あべ じょうじ)さんと小笠原健(おがさわら けん)さんが演じています。

松尾芭蕉役の阿部丈二
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

河合曽良役の小笠原健
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

この作品のヒロインであるマッチ売りの少女のマチ子役を演じるのがSKE48のメンバーである大場美奈(おおば みな)さんです。

マチ子役の大場美奈
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

堀部安兵衛役は今回初登場となる米原幸佑(よねはら こうすけ)さんが演じていて、同じRUN&GUNのメンバーである宮下雄也(みやした ゆうや)さんは着ぐるみの浅野内匠頭役を演じます。

堀部安兵衛役の米原幸佑
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

浅野内匠頭役の宮下雄也
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

マッチ売りの少女のストーリーに登場するマッチの精をモウジーン兼史(モウジーン けんじ)さんが、忠臣蔵のストーリーに登場する大石内蔵助を寺山武志(てらやま たけし)さんが、地獄の少女のストーリーに登場する鬼男を石渡真修(いしわたり ましゅう)さんが、閻魔大王を岡田地平(おかだ ちへい)さんが、大日本沿海輿地全図のストーリーに登場する伊能忠敬を森本亮治(もりもと りょうじ)さんがそれぞれ演じているのです。

マッチの精役のモウジーン兼史
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

大石内蔵助役の寺山武志
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

鬼男役の石渡真修
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

閻魔大王役の岡田地平
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

伊能忠敬役の森本亮治
出典:http://butai-gagmanga.com/before3/index.html

 

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~の見どころ

前作でも、ものすごくたくさんの人物が登場してきた舞台だったのですが、新作の舞台はさらに2倍ぐらいの人物が登場してきています。
役者も個性的な役柄を演じることができる曲者が勢揃いしているのが見所の1つです。

 

物語の内容も多重的な構造となっているため、観れば観るほど色々なことが分かってきて、味が出てくるところも見どころになります。
様々なエピソードが散りばめられていて役者たちも色々な格好で登場して、シュールな会話を繰り広げていくのも見どころです。

 

増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 ~奥の細道、地獄のランウェイ編~を探す

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2.5次元・舞台】原作で披露をされている痛快アクション劇を舞台でそのまま再現!...

2.5次元の舞台ミュージカルで舞台「パタリロ」が高評価!

【2.5次元・ミュージカル】2015年、新キャストを迎え、新たな演出、新たな楽曲...

【2.5次元・ミュージカル】累計400万部を売り上げる人気作、鈴木ジュリエッタの...

2.5次元舞台「GANTZ:L(ガンツ:L)」、舞台とマンガの違いは?

【2.5次元・舞台】TIGER&BUNNY舞台化プロジェクト!「TIGER&BU...