【2.5次元・舞台】原作で披露をされている痛快アクション劇を舞台でそのまま再現!「【第二章】 學蘭歌劇 『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」

以前「帝一の國」第一章のご紹介をしましたが、今回は第二章にあたる『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」をご紹介します。

舞台「【第二章】 學蘭歌劇 『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」とは?

「帝一の國」とは、2010年よりジャンプSQ.19で短編コミックとして始まり現在はジャンプスクエアにて連載中の人気漫画です。
第二章・學蘭歌劇帝一の國決戦のマイムマイムは漫画内では第二部にあたる海帝高校に通う赤場帝一が2年生になった時期をメインにしている舞台作品で、劇団宇宙レコードが制作・演出を手がけています。
メインキャストは第一章と同じで新キャラクターのみ、劇団宇宙レコードの俳優が担当しています。

出典:https://deview.co.jp

舞台「【第二章】 學蘭歌劇 『帝一の國』-決戦のマイムマイム-」のあらすじ

海帝高校2年生になった赤場帝一は、将来の夢として祖父と同じように総理大臣になることを熱望しています。
海帝高校は日本全国の高校の頂点に君臨しているため、この学校の生徒会長になれば、将来も約束されたも同然と父親の赤場秀和に助言をされます。

出典:https://natalie.mu

秀和も祖父も海帝高校の出身者で生徒会長も経験しており、同じように生徒会長を目指して学園内のライバルと激しい火花を散らす戦いが第二章のメインストーリーになっています。
舞台では、原作には無かったサブストーリーで赤場帝一の幼少期からずっとそばで面倒を見て来た執事・金田昭雄の回想録が含まれています。
作品を始めて観劇する方に向けた解説の役割を果たしており、丁寧な作りといえます。

『帝一の國』-決戦のマイムマイム-のキャスト紹介

主人公の赤場帝一を演じるのは、第一章とおなじく木村了(きむら りょう)です。
激しいアクションシーンも木村自身が演じており、帝一が得意としているムーンサルトをマスターするためにアクションクラブで半年間訓練をしたほど役作りへのこだわりが伺えます。
アクションが多い為、木村了だけが地毛をオレンジ色に染めているのも必見です。

赤場帝一役の木村了
出典:http://nehohaho.com

親友の大鷹弾役も第一章に引き続き入江甚儀(いりえ じんぎ)が演じています。
第一章ではロングヘアーでしたが、第二章ではスインヘッドに変更をされました。

大鷹弾役の入江甚儀
出典:https://twitter.com

これは原作でも同様に校則を破った為の罰を忠実に再現をされています。
第二章から登場する氷室ローランド役には冨森ジャスティン(とみもり ジャスティン)が500名の候補の中からオーディションで抜擢されています。

氷室ローランド役の冨森ジャスティン
出典:http://www.cubeinc.co.jp

『帝一の國』-決戦のマイムマイム-の見どころは?

第二章學蘭歌劇「帝一の國」決戦のマイムマイムの見どころは、原作で披露をされている痛快アクション劇をそのまま舞台上でも再現されていることです。
主人公である赤場帝一を初め、出演者全員が舞台上で生身のアクションとアクロバットを90分間休み無く披露をするため、常に目が離せません。
また、再現は不可能と言われていた海帝高校の「ケツ踊り」も出演者全員で披露をしており、原作ファンにはたまらない内容になっています。

出典:http://enterstage.jp

『帝一の國』-決戦のマイムマイム-を見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天下統一を信長と孫一で描く舞台「錆色のアーマ」について

漫画『艶漢(アデカン)』の舞台はどこで視聴できる?主演は?

【2.5次元・舞台】コミックシリーズ累計発行部数1700万部突破した人気学園ダー...

【2.5次元・舞台】ドラマ・映画に引けを取らないと話題に上った衝撃作品!「電車男...

【2.5次元・舞台】豪華キャストと美しい衣装に大注目!「銀河英雄伝説 第一章 銀...

【2.5次元・舞台】帝一は無事に学園の生徒会長になることができるか!?「【最終章...