【2.5次元・舞台】廃部寸前の危機を乗り越えながら部員たちの成長していく姿を楽しめる2.5次元舞台「男水!」

2.5次元舞台「男水!」とは?

男水は木村たつやの原作によって2017年の1月22日から3月にかけて放送されていました。
そのドラマ版に引き続き舞台で繰り広げられることになります。

ドラマ版男水
出典:http://enterstage.jp

脚本・演出は吉谷光太郎が担当しておりドラマ版からトレーニングを積んできているキャストによりレースのシーン、また両校独自の選手の心理を描写している点でもみどころ満載の舞台となっています。
また競泳に欠かせない水を表現するためにプロジェクションマッピングを身体と組み合わせる場面にも注目です。

舞台「男水!」のあらすじ

男子水泳部員を最低2名確保しなければならないという状況に陥ってしまい、部員確保に全力を尽くす篠塚大樹小金井晴美ですが、二人は新入生歓迎会で予想だにしない行動を起こすことになります。

そして水泳大会に向けて挑むことになりますが、この舞台で登場する男子水泳部の部長は大樹と同等の実力はもっていますが、大会で予選を通過することができず、自身の力を発揮できずにいましたが、そんなときに川崎亮也という人物と出会うことで進歩を遂げていくことにも注目です。

川崎は水泳部長に対し、かなり過酷な練習を課すことになりますが、こうした日々によって水泳部長に強い志がともるようになり、人物の心情変化をふんだんに楽しめる作品です。

2.5次元舞台「男水!」
出典:https://sumabo.jp

2.5次元舞台「男水!」のキャスト紹介

舞台版のキャストとして宮崎秋人(みやざき しゅうと)が演じる篠塚大樹という人物は、東ヶ丘高校の2年生で男子水泳部のエース役を担っていきます。
趣味は読書と音楽鑑賞で、基本的に厳しい練習に耐える忍耐は備わっています。

篠塚大樹役の宮崎秋人
出典:https://www.suruga-ya.jp

スタイルワンはバタフライと自由系であり、佐藤永典(さとう ひさのり)の役である滝結太は、東ヶ丘高校男子水泳部の1年生で水泳は未経験者です。
趣味はパズルで新入生歓迎会を通じて内向きな自分をどうにかして変えたいと思い、入部を真っ先に決める決断を下すところも見どころです。

滝結太役の佐藤永典
出典:http://fc.stardust.co.jp

さらに池田亮介(いけだ りょうすけ)の神宮一虎という人物は龍峰高校の体育課3年生で小学校のころから大会で上位入賞を果たすなどの実績を果たしますが、徐々に伸びなくなる結果と葛藤を繰り返していくことになるのです。

神宮一虎役の池田亮介
出典:https://www.suruga-ya.jp

2.5次元舞台「男水!」の見どころは?

この舞台の見どころは、演じているキャスト自身が楽しむことで客席の方々にも楽しんでもらい方の力をいれずに見ることができるところにあります。

また高校という青春時代をうまく表現するために、自分なりに試行錯誤した男子高校生感を出しながらキャスト自身も様々な思いを積極的に表現しようと自分なりに工夫を凝らしながらつくりあげてきた作品となっています。

その中で登場人物が成長していく過程をうまく表現しているキャスト陣にも注目です。

出典:http://25news.jp

 

2.5次元舞台「男水!」を見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2.5次元・舞台】個性的なキャラが織りなすシュールな世界を完全再現で話題の「増...

【2.5次元・舞台】TVアニメやコミックとのメディアミックスでも人気のこの作品が...

【2.5次元・舞台】あの革命的な名作ギャグ漫画がなんと舞台化!?「増田こうすけ劇...

【2.5次元・舞台】ジャパリパークを舞台に個性豊かなフレンズたちと触れ合いを描く...

【2.5次元・舞台】帝一は無事に学園の生徒会長になることができるか!?「【最終章...

【2.5次元・舞台】コミックシリーズ累計発行部数1700万部突破した人気学園ダー...