組織に属する男たちの様々な生き様が描かれるストーリーで原作漫画を舞台化した作品!舞台『ACCA13区監察課』


漫画版「ACCA13区監察課」はどんなアニメ?

ACCA13区監察課は独立した13の自治区で構成される王国を舞台に、警察や医療などを取り仕切るACCAという民間組織にスポットが当てられ、その組織に属する男たちの様々な生き様が描かれた作品です。
漫画が原作でアニメ化するにあたって端折られた部分はありますが、基本的なストーリーは原作を踏襲したものです。
煙草に重税が課され喫煙が贅沢なこととなっているなど独特の世界観が魅力であり、アニメ放映前には世界観を説明するティザーアニメが公開されました。

舞台「ACCA13区監察課」のあらすじ

かつて王国を揺るがしたクーデターがきっかけで作られた組織ACCAは、国の平和を守りながら100年を迎えようとするところです。
そんな中ACCAの監察課副課長であるジーン・オータスは、「もらいタバコのジーン」という異名を持ち、13に分かれた自治区を視察しながら日常を過ごしていました。

ACCA13区監察課

組織の中にあって強かで食えない男の彼には、ニーノという数少ない友人がいました。
そんなニーノも、友人には見えないところで不穏な表情を浮かべます。

ACCA13区監察課
出典:https://spice.eplus.jp

一見平和であるかのように見える日常の下でも、目を凝らせば組織には付き物の陰謀や策略が渦巻いています。
その渦に巻き込まれるように、ジーンは組織引いては世界の核心へと触れていきます。

舞台「ACCA13区監察課」のキャスト紹介

メインキャラクタージーンを演じるのは荒木宏文さん

メインキャラクターであるジーン・オータスを演じる荒木宏文(あらき ひろふみ)さんは、俳優集団D-BOYSに所属しています。
またD-BOYSに加入する以前からテニスの王子様のミュージカルのオーディションに合格して俳優として踏み出していて、舞台畑の役者さんです。

荒木宏文
出典:https://sumabo.jp

ジーンの友人であるニーノを演じるのは丘山晴己

そしてジーンの友人であるニーノは丘山晴己(きやま はるき)さんが務めますが、ブロードウェイでも演じたことのある実績の持ち主です。
日本国内外で培われてきた演技力が、記者ともうひとつの顔を併せ持つニーノというキャラクターに活かされます。
舞台俳優として申し分ない二人を中心に、総勢14名の個性的な俳優さんに加えてジーンの妹であるロッタは悠木碧(ゆうき あおい)さんが声のみで登場し、非常に豪華なキャスティングとなっています。

丘山晴己
出典:https://entertainmentstation.jp

悠木碧
出典:https://www.pinterest.jp

舞台「ACCA13区監察課」の見どころは?

ACCA13区監察課の見所は、なんと言っても個性豊かなキャラクターです。
秩序を守ろうとする者や転覆を謀る者に、日和加減で立場を変える者など様々な思惑と意志を持った登場人物がひとつの組織の中にあります。

舞台「ACCA13区監察課」
出典:https://twitter.com

さらに13に分かれた自治区でも個性があり、そんな中で王国に関わる人物たちも加わりながら物語は進んでいきます。
それぞれの思惑が渦巻いて独特の雰囲気を持つ原作が、舞台上でどのように再現されるのかが見所です。

ACCA13区監察課を見る

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2.5次元・ミュージカル】人気ミュージカルアニメの舞台化第3弾「Dance w...

【2.5次元・ミュージカル】歌やダンス、アクションが見逃せない!「黒執事」-Th...

【2.5次元・舞台】哀しみと絶望、無垢な愛の果てに何が見えるのか!舞台「孤島の鬼...

【2.5次元・ミュージカル】1990年代に連載された少女マンガをミュージカル化!...

【2.5次元・舞台】有名ロックミュージシャン布袋寅泰が音楽を担当するロック☆オペ...

【2.5次元・舞台】男子がチアリーディング!?朝井リョウ氏が執筆した青春小説を舞...