本格文學朗読演劇 極上文學 第2弾『銀河鉄道の夜』について

本格文學朗読演劇というものを聞いたことがありますか?
役者が作品を音読して鑑賞するカタチが「極上文學」というものです。
今回は、本格文學朗読演劇 極上文學 第2弾『銀河鉄道の夜』のあらすじやキャスト、見どころをまとめたのでご紹介します。

極上文學とは?

文学作品を読むときは文章を目で黙読する人がほとんどでしょう。
それでも小説の世界は豊かに私たちに物語を伝えてくれますが、ちょっと変わったやり方で文学作品を味わう動きが出ています。
それが本格文學朗読演劇の「極上文學」と呼ばれるものです。

極上文學第二弾「銀河鉄道の夜」

出典:http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni034745.html

極上文學では朗読演劇ということからも分かるように、プロの役者さんが文学作品を音読して鑑賞することができます。
しかも登場人物一人に対して、演者も一人用意するなど大変豪華な構成です。

極上文學『銀河鉄道の夜』のあらすじ

宮沢賢治は「雨ニモ負ケズ」で有名な詩人・童話作家です。
「注文の多い料理店」や「よだかの星」など有名な作品は多数ありますが、彼の代表作といえばやはり「銀河鉄道の夜」になるでしょう。

銀河鉄道の夜は印刷所で働く貧しい少年のジェバンニと、その友人のカンパネルラが銀河鉄道という宇宙をかける列車に乗って銀河を旅する物語です。
二人は銀河ステーションから、まずは北十字の白鳥座に行きます。
そして様々な星々を二人で巡っているとジェバンニはカンパネルラがいなくなっていることに気づきました。

銀河の旅も終わり、ジェバンニが自分の街に戻るとカンパネルラが水に溺れたと聞かされて、物語は終わります。
この原作は未完ですが、謎に満ちたラストから様々な解釈が生まれている作品です。

極上文學 第2弾『銀河鉄道の夜』のキャストは?

極上文學ではジェバンニ役は複数の人物が演じました。
大河元気(おおかわ げんき)さんと松田凌(まつだ りょう)さんと廣瀬智紀(ひろせ ともき)さんです。

大河元気
出典:https://www.suruga-ya.jp/product/detail/G4297402

廣瀬智紀
出典:http://vb-sp.gsj.bz

カンパネルラは二人の役者が演じています。
八神蓮(やがみ れん)さんと唐橋充(からはし みつる)さんです。

八神蓮
出典:http://vb-sp.gsj.bz

唐橋充
出典:https://www.suruga-ya.jp/product/detail/G4429910

この他に読み師として藤原祐規(ふじわら ゆうき)さんと塩川渉(しおかわ わたる)さんが共演しています。

何故複数人で役を演じるのか?

ジェバンニやカンパネルラを演じるのにどうして複数の人間がいるのでしょうか。
それは極上文學がマルチキャスティングシステムを利用しているからです。
マルチキャスティングでは演じる相手により、役者を変えることで役者本来の力を存分に発揮することを狙いとしています。
特に銀河鉄道の夜はジェバンニとカンパネルラの二人の関係性が大切になる芝居なので、こうしたマルチキャスティングは役者の間に流れる空気感が物語を盛り上げます。

銀河鉄道の夜
出典:https://sumabo.jp/2667

極上文學 第2弾『銀河鉄道の夜』の見どころは?

「銀河鉄道の夜」は未完の傑作であることは説明しました。
原作を読むと原稿が途中で寸断されていたり、先の展開が分からない箇所があります。
ただ、それが演出にとっては解釈の幅を広げて、演出家の腕の見せどころでもあります。

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/245895/

極上文學では銀河鉄道の夜に大胆な解釈を加えて、ジェバンニとカンパネルラの友情をさらに感動的なものに演出しています。
朗読劇ですから、役者さんの声にも注目してください。
役者さんの名調子によって新しい銀河鉄道の夜の扉が開かれています。

本格文學朗読演劇 極上文學 第2弾『銀河鉄道の夜』は楽天TVで

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

本格文學朗読演劇 第12弾「風の又三郎」「よだかの星」 開幕!

【台湾BL】イケメン純愛「HIStory」シリーズ