2.5次元舞台「黒子のバスケ OVER-DRIVE」の小野賢章の魅力!

舞台「黒子のバスケ」第2弾のあらすじキャストについてまとめました。
新たなライバル・霧崎第一高校が参戦し、さらにパワーアップしています。
見どころを調査しました。

あらすじ

予選決勝リーグで「キセキの世代」の1人である青峰大輝が率いる桐皇学園に惨敗した誠凛高校のバスケ部でしたが、気持ちを新たにウインターカップに向けて部活動に励んでいました。

怪我で休部していたセンターを担う木吉鉄平も復帰し、黒子たちは改めて「キセキの世代」の打倒を誓います。その熱意はそれぞれの課と実力アップに励みながら観戦した海常高校と桐皇学園というインターハイの準決勝試合でさらに高まりました。

そして始まったウインターカップ都予選で待ち受けていたのは緑間真太郎が所属する秀徳高校と木吉鉄平たち2年生の宿敵である霧崎第一バスケ部主将がいる花宮真との激突でした。

キャスト紹介

 

メインキャストは?

舞台「黒子のバスケ」のキャストは実力者ばかりです。
主人公の黒子テツヤ役を小野賢章(おの けんしょう)が、相棒の火神大我役は安里勇哉(あさと ゆうや)が演じます。「キセキの世代」である黄瀬涼太役には黒羽麻璃央(くろば まりお)、緑間真太郎は畠山遼(はたけやま りょう)、青峰大輝です。




出典 https://www.suruga-ya.jp

河合龍之介に注目!

合計20名以上のキャストたちが揃っていますが、なかでも注目されている俳優は木吉鉄平を演じる河合龍之介(かわい りゅうのすけ)。

河合龍之介

出典 https://www.suruga-ya.jp

そして、花宮真に抜擢された太田基裕(おおた もとひろ)となります。

花宮真

出典 https://www.suruga-ya.jp

物語の展開上、主人公よりも目立つ事になるキャラの演技を担当する事になった河合龍之介と太田基裕は数多くのミュージカルや舞台に出演した俳優です。舞台だけでなくドラマや映画でも活躍している河合龍之介の代表的な作品は「テニスの王子様」で、太田基裕は「刀剣乱舞」が挙げられます。

出典 https://tv.rakuten.co.jp

見どころは?

真っ先に挙げられる見どころは主人公の黒子テツヤを演じている小野賢章です。

実はアニメでも主人公の役を担っているのですが、舞台でも声優が同じキャラクターを演じるケースは珍しいと言えます。今作は2作目ですが前作から引継いだ形で舞台に上がっているのでますます希少です。

出典 https://www.suruga-ya.jp

それに加えて、原作の活躍で人気が高い花宮真の出演はファンの関心が高まるポイントであると断言できます。また俳優たちの演技力も高いと評判になっています。

 

2.5次元舞台「黒子のバスケ OVER-DRIVE」を見る

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【2.5次元・舞台】真島ヒロ原作の大ヒット漫画「FAIRY TAIL」の世界観を...

【2.5次元・ミュージカル】畠中恵の大人気時代小説『しゃばけ』のミュージカル化第...

【2.5次元・舞台】美しい少年たちの残酷で耽美な物語!「ライチ☆光クラブ(初演)...

漫画『艶漢(アデカン)』の舞台はどこで視聴できる?主演は?

【2.5次元・舞台】エピソードの人気が高くてコアなファンも納得の作品!ミュージカ...

【2.5次元・舞台】第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品が舞台化...