舞台 ハダカ座公演「ストリップ学園」男のストリップがセクシーすぎる!


「ストリップ学園」は、2018年1月12日から1月20日まで上演された舞台。

「非常識人の、非常識人による、非常識人のためのステージ!」
がキャッチコピーの、女よりも女らしいストリッパーとなりナンバーワンを目指す物語。

ストリップをする女子を演じるのはイケメン俳優ばかりで、

イケメンたちが舞台でかわいい女子を演じるという前代未聞のストーリーなんですよ。

2.5次元舞台ミュージカル「ストリップ学園」を楽天テレビで探す

キャストについて

舞台となるのは「ストリップ学園」
ここはストリップでナンバーワンになることを夢見る少女たちが集まる場所。

メインキャストは、

幼いころに見たストリッパーになることを夢みて田舎から出てきた”ラン”

ストリッパーの母親を持つ”葉子”

ひたすらお金を稼ぎたいという目的のためにストリッパーを目指す”朋美”

何不自由なく過ごしてきたお嬢様なのにどこか闇を抱えている”姫華”ら4人の少女です。

「ストリップ学園」のあらすじ

入学して間もなくランは、学校に出入りしていた業者の青年・喜三郎と恋に落ちます。(↓喜三郎)

ストリップ学園の生徒たちは、はじめてのお披露目となるストリップ学園文化祭に向けて、厳しいレッスンを受けます。

そんな中で仲を深めていくランと喜三郎、そして互いにぶつかり合いながらもストリッパーへの思いを強くさせる仲間たち。

しかし喜三郎は、ランが皆の前で衣服を脱ぐことに抵抗を感じるように…。

教官の村沢に「このままだと落第してしまう」と言われたラン。
喜三郎は突然姿を見せなくなり、教官に再び残酷な言葉を言われたランは、悲しみのふちに追いやられてしまいます。

このような悲しみや怒り・喜びなどの感情を糧とし、世の男性たちの心と体をハダカにするため、少女たちはストリッパーとして踊り続けるのです。

それはすべて、伝説のストリッパーである「アゲハ」という称号を得るため。
アゲハの称号をつかんで羽ばたく少女はいったい誰なのか、そんな物語を描いています。

男性が演じる女性ストリッパー

見所はやはり、男性でありながら女性ストリッパー役を演じた出演者たち。

稽古前には毎日全員で筋トレを重ね、肉体的なストリップだけではなく役者としての精神的なストリップや剥き出し感も味わうことができます。

さいごに

次々と服を脱ぎセクシーな格好で歌い踊りまくる姿に、観客はどんどんその世界観に飲み込まれてしまいます。
性別が違うという違和感を覚えることなく、男性が演じるストリッパー少女たちに時には共感し、時には切なくなる。
終わったあとには、明日も頑張ろうと勇気をもらえることでしょう!

2.5次元舞台ミュージカル「ストリップ学園」を楽天テレビで探す

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しゃばけ動画

畠中恵先生の「しゃばけ」舞台版は視聴できる?主演は?調べました。

2.5次元ミュージカル「王室教師ハイネ」のキャスト紹介や見どころなどをまとめまし...

【2.5次元・ミュージカル】祀られる社を持っていない野良神の夜トが様々な依頼を解...

2.5次元「七つの大罪」エリザベス役の乃木坂46・梅澤美波が天使レベル!

2.5次元の舞台ミュージカルで舞台「パタリロ」が高評価!

美少女戦士セーラームーン 2.5次元舞台ミュージカルについて