2.5次元「KING OF PRISM -Over the Sunshine!- 」の橋本祥平の存在感!


女性ファンの間で親しまれる『KING OF PRISM(キング・オブ・プリズム)』がついに舞台化されました。アニメでは女児向けの人気アニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』の続編、そしてスピンオフにあたります。



レインボーライブに登場する男子プリズムスターの3人が最終話で新ユニットを結成したエピソードとして劇場版で公開されています。フィギュアスケートやダンスなどを融合させたプリズムショーやプリズムジャンプといった躍動感あふれる演出が大きな話題を呼びました。その大反響を受けてKING OF PRISMが2.5次元の舞台で再現されるのです。

キンプリの舞台を楽天テレビで探す!

『KING OF PRISM』がついに舞台化の見どころ!

 

アニメでは独特で派手な演出が魅力の一つでしたが、舞台の見どころはプリズムショーの再現度の高さです。原作を見たことがある人なら分かる演出が惜しみなく盛り込まれています。


ダンスの内容も劇場版そのままに2.5次元の現実感がさらに引き立てます。ステージのランプが点滅している間は、応援上演といって観客からの声援を送ることが可能です。


通常の舞台では静観して楽しむのがマナーですが、シリアルなシーン以外はほとんど歓声が許されているため、まるで自分も参加しているような一体感が味わえます。

俳優「橋本祥平」

橋本祥平
橋本祥平とは1993年生まれ、神奈川県出身の俳優です。

本作だけでなく、ミュージカル『薄桜鬼』シリーズで斎藤一役を演じたり、


舞台『ギャグマンガ日和』では小野妹子役を演じたりしています。


他にも様々な2.5次元で活躍する注目の舞台俳優です。

橋本祥平が演じる、一条シン


橋本祥平が演じるキンプリの「一条シン」はキャスト表示は4番目ですが、実質的な主人公として扱われています。中学ではサッカー部のレギュラーでしたが予選敗退後は目標を失った日々を過ごしていたところ、人生初となるプリズムショーを観賞して衝撃を受けたという背景があります。

一条シンには、無限ハグや本作のサブタイトルと同じプリズムジャンプを持っていて、舞台でも橋本祥平は全力で再現。本人も稽古と筋トレ強化できらめき120%を目指すと意欲を見せています。

原作ファンにとって最大の関心事と言えば、アニメでさえも類を見ないプリズムショーを舞台上でいかに再現できるかという点です。橋本祥平は舞台構成を知らされた時に、良い意味で期待を裏切ることができるかもしれないと語っています。

さいごに

2.5次元の舞台は映像や音響の技術も進化していて、最新技術をフルに使いながらも舞台としての従来の魅力や演出も兼ね備えています。


橋本祥平は作品やキャラ作りを勉強しているため、アニメファンにとっても期待が持てると言えるでしょう。

キンプリの舞台を楽天テレビで探す!


 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

舞台『Like A(ライカ)』のあらすじは?見所をチェック!

【2.5次元・舞台】原作のファンも納得の好評価の2.5次元舞台「TRICKSTE...

【2.5次元・ミュージカル】じんわり響くお江戸ミュージカル「しゃばけ」弐~空のビ...

【2.5次元】舞台・ミュージカル作品キャスト陣が集合したライブイベント「STAG...

2.5次元ミュージカル「王室教師ハイネ」のキャスト紹介や見どころなどをまとめまし...

美少女戦士セーラームーン 2.5次元舞台ミュージカルについて